浮気調査 離活

浮気調査が失敗した

2021年1月25日

 

旦那の浮気を疑って数日。

勇気を出して探偵に調査依頼をしたのに、調査が失敗に終わってしまいました。

 

約40万円もの大金を払って調査を依頼した私は「夫を有責配偶者にして離婚してやる!」と意気込み、探偵に依頼すれば証拠はつかめると思いこんでいました。

 

この記事では、実際の浮気調査の体験談から、失敗に終わってしまった原因をまとめました。

この記事でわかること

・失敗に終わった10時間分の調査経緯
・なぜ探偵調査が失敗してしまったのか
・どうすれば失敗を防げたのか

 

探偵に調査依頼をしたいけど、失敗したくない。どうやって探偵を選んだら良いかわからない。という方は最後までお読みください。

 

あわせて読みたい

【浮気調査】料金プランの選び方
【探偵】浮気調査でおすすめの料金プランの選び方

続きを見る

 

探偵による浮気調査が失敗した経緯

まずは、どのように行動調査を行ったかを振り返っていきたいと思います。

 

GPSで移動経路を調査した、前回までのあらすじはこちらの記事からお読みください。

こちらもCHECK

GPSによる浮気調査がバレた?GPSがバレる原因とは

続きを見る

 

GPSを設置後、2回ほどあやしい移動経路をつけたことから、行動調査へ踏み切る決意をしました。

 

そして、夫が単身赴任先へ帰る日

「いつもより早めに出発する」とのことで、これはあやしいかも?と思い、探偵さんに相談。

 

いざ!行動調査がスタートしました。

 

初回の調査

夫が単身赴任先のアパートに帰宅する予定時刻。

探偵さんから調査開始の連絡が入りました。

「ただいまから、調査を開始いたします」

 

するとほぼ同時くらいに「いま家についたよ」と夫からLINE。

 

すかさず探偵さんに「いま家についたとLINEが来ました!!」と送る。

 

「そうなんですか。まだアパートには戻っていないようです。もうしばらく様子を見てみます」とのこと。ん?!?!?

 

そして数分後、また探偵さんからLINEが入り、

「いま、アパートへ戻りました。○○アパートの○○号室の明かりを確認しています」

 

みい
逐一LINEで報告くれるのは、本当に調査をしているかの安心感に繋がりました。

 

さあ、ここから出かけるのか出かけないのか!!

 

そして、連絡を待っている間にインスタグラムを見ていたら、夫のアカウントがオンラインになっているではないかwww

 

のんきにインスタなんて見てないで、早く女の家に行ってくれい
困る

 

そのまま1時間が過ぎ・・

2時間が過ぎ・・・。

 

出かける様子はまったくなく、インスタがオンラインになったり、ならなかったりを繰り返していました。

 

時間的にももう出かけなさそうだな・・・となり、行動調査を打ち切りに。

こうして、初回の行動調査では何も得られず終了してしまいました。

 

2回目の行動調査

2回目の行動調査に踏み切った経緯も前回と同様で、赴任先に帰る日がいつもより早かったというのが理由です。

なぜそれを理由にしているかと言うと、GPSであやしい経路をたどったときが赴任先に帰っていった日だったから。

 

ただ、それだけでは行動を読むのは難しく、この日も怪しい動きがなく証拠確保に至りませんでした。

悲しい
だんだんと減っていく、調査時間・・・

 

3回目の行動調査

ここまでくると、LINEも見れない私には行動を予測するのは不可能。

GPSで怪しい動きが出たら、調査を開始してもらうというスタンスに変更しました。

ですが、1週間経っても2週間経っても、夫は会社と赴任先のアパートを往復するばかりで怪しい動きをすることはありませんでした。

まさかの、関係終了?
悲しい

 

最後の行動調査

赴任先の仕事が一段落するとのことで、また別の地域へ単身赴任することになり、調査は終了せざるを得ない状況になってしまいました。

 

浮気相手とはもうひと月以上も会っていないのなら、関係は終了してしまったのかもしれない。

その状況で別の県へ行くとなったら、もうその人と会うことはほぼ無いに等しいかもしれない。

 

最終日まで、GPSを確認しながら待っていたところ、探偵さんから急に電話が入りました。

 

「○○県の方面に向かっているようで、追跡しています。」

 

私もそれは全く知らなかったのですが、夫は夜中に下道で約2時間ほど離れた県に移動していました。

夫からは普通にLINEが来ていて「家でテレビ見てる」と、嘘をついている。

 

これは何かあるに違いない。

調査ができるのもこれでラスト。これはもう調査をしてもらうしかないと思い最後の調査時間を使いました。

 

ですが夫の向かった先は、まさかの単発バイトの倉庫でした。(たまに小遣い稼ぎで単発バイトしてる)

悲しい
なぜそこでウソつくんやろ・・・

さすがの探偵さんも「なんでそんなつまらない嘘つくんですかね?」とがっくりしていました。

 

浮気の証拠GETならず

こうして10時間分の調査時間を使い切り、失敗に終わってしまいました。

 

怒る
めちゃくちゃ悔しい!!!

いま、バラバラと入手している証拠たちを動かぬ証拠として一つのものにできるチャンスだったのに。

 

そして、夫の不貞を、義父母に叩きつけてやりたかったのにーーー!

 

悔しがっていても仕方ない。本題はここからです。

 

なぜ探偵に頼んだ浮気調査が失敗してしまったのか

探偵に依頼すれば、確実に証拠がつかめると思いこんでいました。

GPSではあやしい履歴が取れていたのに、なぜ今回の浮気調査が失敗に終わってしまったのか?

その原因と失敗を防ぐための対策を考察します。

 

浮気調査が失敗してしまった原因

・情報が少なすぎた
・行動が読めなかった
(浮気相手と会っていた曜日や時間に規則性がなかった)
・浮気相手との関係が長続きしていなかった
・行動調査に踏み切るのが遅かった

 

やはり、得られる情報が少ないのは不利である。スマホやLINEが見れる状況なら、展開は大きく変わっていたと思います。

 

そして今回の調査を成功させるためにできた唯一のことは、GPSを依頼した段階で行動調査も依頼しておくべきだったということ。

 

ここで、金額的に躊躇してしまい、行動調査に踏み切れなかったのが失敗に至った最大の原因でもあります。

 

逆に言うと、GPSを依頼した時点で行動調査も依頼できていれば、GPSの動きから相手宅へ行く夫の姿や、翌朝相手宅から出てくる夫の姿、また浮気相手がどのような人物なのかというところまで知ることができたのです。

 

悲しい
金額でつまづいているうちに証拠が取れなくなる状況に陥るのは非常にもったいないです。

 

今回のように相手の行動が読めない場合は、成功報酬制や後払い制のある探偵会社を選ぶことをオススメします。

金額的な躊躇をせず調査依頼ができ、タイミングを逃すリスクを回避できます。

 

あわせて読みたい

浮気調査の成功報酬プランは本当にお得?

続きを見る

 

浮気の証拠は確実にGETしよう

不貞の証拠は法的に3年間有効です。

状況が変わらないうちに証拠を取っておきたいけれどこの先いつ浮気相手と会うかもわからない。いつまで関係が続いているかもわからない。

 

いつでも調査が行えるように、早めに探偵会社に相談をして自分に合った探偵会社の料金プランをしっかりと吟味することがいかに大切かを痛感しました。

困る
不貞の証拠が取れなかったのにお金だけが無くなってしまった・・・とならないように、私の経験が参考になりましたら幸いです。

 

こちらもCHECK

GPSを使った浮気調査の違法性

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みい

単身赴任中に出会い系の女との浮気が発覚➙探偵に調査依頼するも失敗に終わる。浮気調査で失敗しないための探偵選びや自力での浮気調査など、確実に浮気の証拠を取るために知っておきたい知識を発信しています。

-浮気調査, 離活