浮気調査

【浮気調査】GPSを車に取り付ける際の注意点

2021年5月19日

車での移動が多いなら、GPSを設置することである程度の浮気の有無が確認できます。

GPSはオンラインショップなどで購入できるほか、レンタルすることもできるため自分で浮気調査をする際にはまず取り入れたいアイテムのひとつ。

 

そこで今回は、GPSを使った浮気調査をする前に知っておきたい、

  • GPSの種類と選び方
  • 車に取り付ける際の注意点
  • バレない取り付け方

について解説していきます。

 

みい
この記事を読めば、GPSでの浮気調査を成功率を上げることができるはず!

GPSでの浮気調査を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

 

車にGPSを仕掛けることは有効?

パートナーの移動手段が車であるなら、車にGPSを取り付けることで、その位置情報から浮気の気配を察知することが可能です。 

例えば、「休日出勤になったから、会社に行ってくる」と言って出掛けたにもかかわらず、全く関係のない場所に車を停めている。

あるいは、残業をしているはずなのに、GPSがホテルの駐車場を示しているなどといったことがあれば、浮気をしている可能性が高いです。 

 

GPS本体の確認ポイント

GPSには種類があり、本体の取り扱いにも配慮する必要があります。まずはGPS本体で注意しておきたいポイントをご紹介します。

 

1. 種類が複数ある

GPSには2つの種類があり、調査内容や使い方にあわせて適切なものを選ぶ必要があります。

 

記録型(GPSロガー)

記録型(GPSロガー)は、本体に移動履歴を保存していくタイプのGPSです。

 

メリット

・比較的安価なものが多い
・長時間駆動させられる
・カメラがGPS機能を内蔵していなくても、写真の位置情報と自分が移動した軌跡を記録できる

 

デメリット

・リアルタイムで行動を確認できない
・古いタイプの場合、本体を回収しないとデータが見れない場合がある

 

リアルタイム型(GPSトラッカー)

リアルタイム型(GPSトラッカー)は、パートナーが今どこにいるのかを知るのに適したGPSです。

 

メリット

・本体を回収しなくても、スマホなどの端末から位置情報が確認できる
・知りたいときにいつでも夫の位置情報を確認できる

 

デメリット

・機材が高額
・月々の通信費がかかる

 

最新高性能GPSが、往復送料無料でレンタルできる

GPS・位置情報サービス【イチロク】

 

 

2. バッテリーに注意する

GPSのバッテリーがなくなれば当然、位置情報の記録はストップしてしまうので、肝心なときに使えないということがないようメンテナンスが必要です。

機種にもよりますが、GPSのバッテリーの継続時間は平均で30日程度ですので、1ヶ月に1回のペースで電池の交換や充電を行いましょう。

ただし、GPSによってはバッテリー残量が少なくなると音や光を発するタイプもあるので、交換や充電は早めを心掛けておくとバレるリスクが低くなります。 

 

3. GPSを保護する

GPSを設置する前に、ビニールテープを巻いて機材を保護するようにしてください。

GPSはとってのデリケートなため、水や砂ぼこりが入ると故障の原因になります。そのため表面がむき出しにならないよう、防水・防塵加工をする必要があります。

みい
黒色のビニールテープを使うと、車に取り付けたあとに悪目立ちしにくいと思います。

 

4. 違法になるケースを確認しておく

GPSの取り付けも、一歩間違えば違法になります。パートナーの浮気を暴くつもりが、逆に訴えられてしまったという事態は避けたいですよね。 

どのようなケースが違法になるのかは、こちらの記事で確認ください。

こちらもCHECK

GPSを使った浮気調査の違法性

続きを見る

 

車にGPSを取り付ける際の5つの注意点

浮気調査を行っていることが気づかれてしまうと、パートナーの行動は慎重になり、浮気の証拠がつかみにくくなってしまいます。

そのため、車にGPS発信機を取り付ける際は次の5点に注意をしてください。

 

1. ドライブレコーダーやセキュリティに注意

駐車中、エンジンを切った状態でもドライブレコーダーで録画されている場合があります。

また、取り付け作業中にセキュリティが作動して大きな音が鳴ったり、何か異変が起きた際にメールで通知されたりするシステムもあります。

車にドライブレコーダーやセキュリティが搭載されている場合は、その機能や性能、動作の仕組みをを調べて、取り付けの際はくれぐれも注意が必要です。

 

2. 取り付けできない部分に注意

GPSは精密機器であり、熱や水には非常に弱くなっています。 

故障の原因になりますので、走行中に温度が高くなる場所は避けて設置してください。 

避けたほうがよい場所

  • 高温になりやすい場所
    (エンジンの近く・ボンネット下・マフラー周辺)
  • 外れやすそうな場所
    (鉄の部分が曲がっていたり凹凸のある場所など)
  • タイヤ付近

 

間違った取り付けは、GPSの故障や外れる原因になってしまいます。

みい
GPSでの調査を成功させるためには、設置場所をしっかりとリサーチしておきましょう。

 

3. GPSが走行中に外れないようにする

GPSは車体の下に取り付ける場合が多いですが、場所によっては地面と接触して、走行中に外れてしまうことがあります。 

立体駐車場に上がった際などに擦りやすい車体前方や、車高の低い車の底にGPSを取り付ける場合は注意が必要です。

 

4. 精度が悪くなる場所に設置しない

車にGPSを設置する場合、基本的には車外が良いのですが、車種や状況によっては車内にした方が有効なこともあります。 

その際は、電波の入り方を意識し、GPSの位置情報を確認しながら、誤差が出ないように事前に調整を行いましょう。 

 

5. 車検やタイヤの交換時期に注意

車の定期点検や車検、タイヤ交換やオイル交換などの際にGPSが見つかってしまう可能性があります。

車にGPSを仕掛けた際は、車検の時期に気を配り、時期が近付いたら取り外しておくようにしましょう。 

特に車検は、ほぼ間違いなく発見されてしまいます。 新車であれば3年、以降は2年ごとに行う必要がありますので、調査したい期間と車検の時期が重なる場合は、前もって回収しておくことを忘れないようにしてください。 

 

バレないGPSの取り付け方

GPSがバレないようにするためにはどのように取り付けたら良いかをご紹介します。

筆者のGPS体験談は「GPSによる浮気調査がバレた?GPSがバレる原因とは」でお読みいただけます。

 

GPSを保護する

GPSを車に取り付ける前に、ビニールテープを巻いて機材を保護しましょう。

GPSは非常にデリケートなため、雨水や砂ぼこりが故障の原因となります。そのため表面がむきだしにならないよう、あらかじめ防水・防塵加工をする必要があります。

 

平らな面に設置する

GPSは多くの場合、裏面に強力な磁石がついています。車体の下を覗かれても見えにくい位置に取り付けるとバレにくくなります。

 

GPSを取り付けるにあたって一番肝心なポイントは、相手に気づかれないようにすることであり、取り付け位置がとても重要となります。

バレにくい設置場所

  • バンパーの裏
  • 車の底面
  • スペアタイアの隙間
  • トランクルームの中
  • 助手席やリアシートの下

車内への取り付けは、車外より簡単ですが電波が悪くなってしまう可能性とバレるリスクが高くなるため、車外への取り付けが無難です。

 

参考:ドライブレコーダーは運転中ずっと録画しているので、ドライブレコーダーで確認するのもひとつの手です。また、不自然に一定の時間だけ録画を停止している場合は、怪しい行動をとっている可能性が高いでしょう。

 

GPSは浮気の証拠として弱いが、証拠入手の役に立つ

GPSは位置情報を把握するものであるため、GPSにて取得した行動履歴だけでは法的な証拠になりません。

実際に裁判などで争った場合に、ラブホテルや浮気相手の家にGPSが反応していても浮気の証拠としては弱いのです。(GPSの履歴だけでは確実に肉体関係を持ったという証拠になりづらい)

ですが、GPSを上手く使用すれば、有効な証拠を入手するために役立ちます。

この記事で紹介した注意点を参考に、自身で浮気調査をする場合や、次のアクションに移すための一つの手段となれば幸いです。

 

こちらもCHECK

浮気調査で失敗しない探偵事務所の選び方

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みい

単身赴任中に出会い系の女との浮気が発覚➙探偵に調査依頼するも失敗に終わる。浮気調査で失敗しないための探偵選びや自力での浮気調査など、確実に浮気の証拠を取るために知っておきたい知識を発信しています。

-浮気調査