浮気調査

GPSを使った浮気調査の違法性

2021年5月15日

GPSは、夫の行動をリアルタイムでチェックできるため、自力での浮気調査には欠かせません。

ですが、法律的にどこまでが認められている範囲なのかは私たち一般人では簡単に判断できるものではありませんよね。

 

結論からいうと、浮気調査にGPSを使用する行為自体は違法ではありません。

しかし、不貞の証拠集めのためとは言え、いきすぎた調査はあなたが犯罪者になる危険性があります。

ひとつ間違えれば、逮捕される可能性もあり最悪の場合は「こちらが慰謝料など払わないといけない」といった事態になりかねません。

 

うっかり犯罪者となってしまわないために、GPSをつかった浮気調査をしようと考えている方は、どこからが違法になるのかというボーダーラインをしっかりと確認しておきましょう。

 

GPSを使った浮気調査は違法?

浮気調査にGPSを使用する行為自体は違法ではありません。しかし、GPSの取り付けを法的に認めているわけでもありません。

つまり違法か合法は、ケースバイケースになります。

 

不適当な手段で得た位置情報は、離婚裁判時に証拠として認められないのでGPSを取り付ける際は注意が必要です。

では、まずはどのようにGPSを設置すれば違法にならないのかを確認していきましょう。

 

>>「GPSを車に取り付ける際の注意点」

 

GPSを使った浮気調査が違法にならないケース

浮気調査においてGPSを使用する場合に、合法と見なされるのはたった1つだけです。

 

夫婦の共有財産であれば、GPSを設置しても違法にならない

夫婦の共有財産(半分は自分で半分は相手が所有者)であれば、違法にはなりません。

ですので、夫が自家用車を使用して浮気相手と会っているという人には、非常に有効な手段となります。

夫婦の共有財産であるご主人の車にGPSをつける行為は違法にはなりません。
したがって,訴えられることはありません。

参考:弁護士ドットコム

 

このように、基本的には”自らの持ち物”にGPSを仕掛けることは、合法だと見なされます。

 

 

GPSを使った浮気調査が違法になるケース

ではここからは、GPSをどのように使うと違法になってしまうのか確認していきましょう。

 

浮気相手の車にGPSをつける

理由がどうであれ、GPSは他人の車やバイクなどには付けれません。

浮気相手の所有物にGPSを仕掛ける行為はNGです。

お気持ちは分かりますが、プライバシー権侵害に当たる可能性があるように思います。実行するにはリスクが伴うと思います。

参考:弁護士ドットコム

みい
夫婦の共有財産以外のものへのGPS設置は違法になるようです。

 

 

GPSを仕掛けようと、浮気相手の住居敷地内に侵入する

浮気相手の車に仕掛けようとして、住居の敷地内に侵入するだけでも、住居侵入罪(不法侵入)に問われる可能性があります。

相手の家の駐車場に入ってとなると住居侵入罪の可能性があります(刑法130条)。
入ることを禁じた場所に入ったと評価できるようなら、軽犯罪法違反の可能性もあります(同法1条32号)。

参考:弁護士ドットコム

 

 

GPSを取り付ける際に、ものを破損させる

GPSを仕掛けようとして、他人の所有物や公共のものを破損させてしまった場合、器物損壊罪に問われることが考えられます。

参考:防犯ランド

GPSを取り付ける際は、他のものを傷つけたり壊したりしてしまわないよう注意が必要です。
みい

 

 

夫の社用車にGPSを取り付ける

夫が会社から借りている社用車にGPSを取り付けることは、共有財産ではなく第三者の所有物なためGPSを取り付けることは違法行為になります。

「ご主人が独身時から乗っている車」や「ご主人の会社の車」にGPSを付ける行為には問題がありますのでご注意ください。

参考:弁護士ドットコム

みい
結婚前から所有していた車や親から譲り受けた車の場合も違法となる可能性があるため注意が必要ですね。

 

 

別居中の夫の車にGPSを取り付ける

夫と別居している場合は、不法侵入やプライバシーの侵害になる可能性があります。

また、別居中の夫が実家に帰っている場合は、所有ではなく他人の場所となるので立ち入ることはできません。新しくマンションを借りているなどの場合も不法侵入となる場合があります。

 

 

探偵によるGPSの取り付け

探偵は特別にGPSの取り付けを法的に認められている、というわけではありません。

たとえ共有財産で所有者の許可があっても、探偵がGPSを取り付けて位置情報を調査に使った場合は違法になるようです。

探偵がGPSの取り付けすることは所有者の許可があっても違法。

参考:アーカス探偵事務所「情報コラム」

 

万が一、探偵事務所でこのようなやりとりがあった場合には完全に違法で、悪質な探偵社の可能性が高いです。

  • 探偵が「GPSはこちらで設置します」
  • 取得した位置情報を見せてもらえない
  • 依頼者が見るには費用がかかる
みい
探偵社でGPSをレンタルする際には、事前に確認しておきましょう。

 

 

スマホのロックを解除し勝手にGPSアプリをインストール

夫のスマホロックを解除し、本人の承諾なく勝手にGPSアプリインストールすることは、「不正アクセス禁止法」「不正アクセス禁止法」にあたるため違法です。

相手の同意を得て入れたのであれば、特に問題はありません。

参考:弁護士ドットコム

みい
夫の承諾を得れば違法にはなりません。

 

 

GPSがバレるとどうなる?

浮気調査にGPSを使う時は、きちんとした手法を用いないと違法になりすべてが不利に働きかねません。

GPSの存在がバレて、「ストーカーみたいなところが嫌だ」など、こちらが不利になる離婚理由の一つとされる可能性もあり、相手に付け入る隙を与えてしまうことになります。

また、復縁を望む際には特に注意が必要で、関係の修復ができないばかりか、犯罪者として訴えられるリスクの方が高くなってしまいます。

また、不正に集めた証拠は裁判で使えない可能性もあるため正攻法での取り付けを行いましょう。

 

>>「GPSによる浮気調査がバレた?原因とバレない取り付け方」

 

GPSは浮気調査に活用できるが注意が必要

心情的には「相手が悪い事をしているからいいだろう」「不貞行為をしているからいいだろう」と思いますが、間違った取り付け方をすると完全に違法行為になります。

プライバシー権は全ての人に適用され、いくら不倫をしていても侵害することは許されないのです。

 

GPSが合法的にただしく使える場所は、自らの持ち物だけ。

いきすぎた調査は違法です。

GPSは浮気調査に活用できますが、1つ間違えると犯罪者になってしまう危険性があるということは肝に命じておきましょう。

 

>>浮気調査を自分で行うメリットとリスク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みい

単身赴任中に出会い系の女との浮気が発覚➙探偵に調査依頼するも失敗に終わる。浮気調査で失敗しないための探偵選びや自力での浮気調査など、確実に浮気の証拠を取るために知っておきたい知識を発信しています。

-浮気調査