浮気の兆候があったら

夫の浮気がどうでもいいと思う妻の心理

2021年7月2日

「夫が浮気しても別に気にしない」「夫が浮気してるけど離婚は考えてない」

夫が浮気をしていても「どうでもいい」と思っている妻は案外多い。その背景には、夫の”浮気”だけにとどまらず「夫自体がどうでもいい」と思っているのではないでしょうか。

この記事では、夫の浮気がどうでもいいと思っている方への全力共感と、現在夫の浮気に悩んでいる方・苦しんでいる方に「こんなふうに捉えればいいんだ」というポイントをまとめました。

まずは結論

夫の浮気は「どうでもいいと思っていても、浮気を許しているわけではない」

浮気夫に愛想を尽かした奥さまは、ぜひ最後までお読みください。

あわせて読みたい

夫の浮気がどうでもいいと思う妻の心理5つ

多くの場合、夫が浮気をしたら「つらい」「許せない…」といった思いを抱く方がほとんどですよね。

夫の浮気がどうでもいいと思っている理由は、以下の5つの理由があげられます。

  • 旦那そのものがどうでもいい
  • 夫とセックスをしたくない
  • 家にお金を入れてくれればいい
  • 出ていけばいいと思っている
  • 離婚したいと思っている

旦那そのものがどうでもいい

夫に対して愛情が無ければ、いくら夫婦であっても無関心になりますよね。

特別な感情が無ければ他人も同然。浮気をしていてもどうでもいい、好きにしてれば?というわけです。

まさに「無」! 愛情が冷めると、何も感じなくなるという無の境地です。

夫とセックスをしたくない

たとえ旦那に対して愛情があってもセックスの相手はしたくない、セックスするのが面倒くさいという理由から、浮気してこればいいと思っています。

バツイチ男性の離婚理由ランキングを見ると、セックスレスに対するこんな理由が。

女性は、子どもを産んだ後は子育てに専念する傾向があり、拒否することもしばしば。
頭ではわかっていても、男性としては「魅力が無いのでは」と悩んでしまい、拒否されることは女性が思う以上にショックで辛いもの。

バツイチ男性の離婚理由ランキング33選│M2W

だからといって浮気をしていい理由にはなりませんし、子どもが生まれたら男性も子育てをするべき。上記のような考えをしているところに、旦那という存在が「どうでもいい」になるのではないのかと思います。

家事や育児を率先して協力してくれれば、自然と夫婦の時間も持てるようになりますよね。

家にお金さえ入れてくれればいいと思っている

夫の浮気がどうでもいい妻は、夫を「ATM」だと思っています。「家族に影響が無ければいい」「生活費をきちんと入れてくれていればいい」と、お小遣いの範囲でやっているのなら、好きにすればいいと考えています。

旦那が浮気をしてるが、生活や子どものためにスグに離婚できない事情がある場合には「ATMだ」と割り切ってしまうと気持ちが少しラクかもしれませんね。

維持費とストレスはかかります。

浮気に本気になって出ていけばいいと思っている

夫の浮気に対して「むしろ本気になって出ていってくれ」と思っている人もいるでしょう。浮気を自白してくれれば、浮気調査もしなくて済むし、手っ取り早いですよね。

みい

いちいち怒らないから、堂々と浮気宣言して出ていって!

浮気の証拠集めをする際には、余計な感情はいりません。しっかりと制裁を与えて離婚をしようという思いから、無になって証拠集めをするため「どうでもいい」むしろ「浮気してきて」と思っているのではないでしょうか。

>>旦那の浮気に気づいたらサレ妻がまずやっておきたいことリスト

離婚をしたいと思っている

離婚を考えている妻は、多くの場合でやり直すという考えがない状態にあります。一度決めたら、もうどうでもよくなりますよね。

離婚に向けて前向きになっているからこそ、夫に浮気されても「どうでもいい」と思っている。

夫の浮気を容認して結婚生活をしてもいい?

夫の浮気を「どうでもいい」と思っている妻にもさまざまな理由があります。では、夫の浮気を容認しながら夫婦を継続させていて良いのでしょうか?

約7割は、結婚生活を継続

夫の浮気がどうでもいいと思っているからこそ「離婚しない」という選択をしている方が大半です。子どもが小さい、すぐに働けないなどといった理由が背景にあるでしょう。

「子どもがいるから離婚しない」という場合には、それなりの覚悟も必要です。

夫の浮気に落ち込んだり、両親の不仲を子どもに見せるようであれば、離婚を考えたほうが良い場合も。

また、浮気相手が妊娠してしまう可能性もあり、それなりのリスクも背負うことになります。

>>夫の浮気で離婚をしたくない妻が今やるべきこと

約3割は、離婚

よほどのことが無い限り男性は浮気をやめることができませんし、その他にも離婚したい理由があるならなおさら

みい

離婚しないという選択肢は無いのかもしれません。

まずは自分で浮気調査をしよう!かかる費用や期間、浮気のチェックリストを公開>>

あわせて読みたい

夫の浮気が発覚したら

旦那の浮気がどうでもいいとはいえ、今の生活を継続・離婚どちらにおいても、浮気の証拠だけは保全しておくことをオススメします。夫が離婚を要求してきたり、あなたが離婚したくなる日が来るかもしれません。

浮気の証拠があれば、旦那を「有責配偶者」にすることができます。

旦那が有責配偶者になれば

  • 夫や浮気相手に慰謝料請求ができる
  • 離婚時の話し合いが有利に進められる
  • 調停や裁判になっても有利な立場でいられる
  • 夫に強めの灸を据えて反省させられる
  • 浮気相手と別れさせられる
  • 夫からの離婚請求を拒否できる

有責配偶者にするためには、配偶者以外との肉体関係が確認できる証拠が必要です。

言い逃れをして浮気を認めなかったり、性格の不一致として離婚しようとしてくるいった可能性もあるため浮気の証拠はしっかり確保しておきましょう。

【関連記事】夫の浮気発覚後にあなたが今すべきこと>>

まとめ│夫の浮気はどうでもいいが許しているわけではない

夫が浮気をしているということは、あなたの人生がいつどのような状況になるか分からないということでもあります。

万が一の離婚に備えて、浮気の証拠を確保して自分や子どもを守れるようにしておきましょう。

旦那の浮気相談というと弁護士が浮かぶ人も多いかもしれませんが、最初は探偵相談がオススメ。

弁護士は「慰謝料請求・離婚手続き」など、法的な対処や離婚に強い専門家。初回無料な事務所もありますが、弁護士相談の相場は1時間5000円~で非常に高額です。

一方、探偵は浮気のプロ。浮気調査だけでなく夫婦問題や再構築に向けたアドバイスなども行ってくれます。

電話やメールで相談ができ、何度でも無料で話を聞いてくれるのが探偵の大きなメリットのひとつ。弁護士OBや夫婦問題に詳しい相談員が在籍しているので、浮気や離婚などあらゆる相談を聞いてもらえます。

旦那の浮気には怒っていても、子どものこと・経済的なことを考えるとどうしていいか分からなくなるのも当然。

友人に話すだけでは、その場のストレス発散にはなりますが何の解決もしません。法律の知識や浮気問題についてを探偵社の相談員さんに教えてもらい、悩みが整理できて解決までの道筋が見えて心強い味方ができたような気持ちになったのを覚えています。

探偵で浮気調査をすれば、調停や裁判になっても有効な証拠をつかむことができます。自分でリサーチできるところまでは自力で調査をして、決定的な瞬間を探偵で抑えてもらえると一番効率よく料金も最小限に済みますよ。

まずはコチラの記事を参考に、証拠獲得までの道すじをイメージしてみてください。

>>浮気発覚から証拠確保までの道すじとやることリスト

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みい

夫が単身赴任中に出会い系の女との浮気が発覚➙焦って探偵に調査依頼するも失敗→2回目に別の探偵社で依頼して証拠獲得→クソ旦那とクソ義両親にギャフンと言わせて離婚しました。浮気調査で失敗しないために探偵選びや自力での浮気調査など、確実に浮気の証拠を取るために知っておきたい知識を発信しています。

-浮気の兆候があったら